労働判例〜賃金や賞与、退職金

退職金算定における勤続年数の通算

ここでは、退職金算定における勤続年数の通算に関する判例について紹介しています。
ケースとしては、臨時工であっても正社員と同様に勤務していた期間は勤続年数に通算されるのか、個人事業から会社組織になった場合は個人事業当時から通算されるのか、試用期間は通算されるのかなどです。

退職金算定における勤続年数の通算

臨時工であっても正社員同様に勤務していた期間は、退職金計算に当たり、通算されます...

正社員登用前の5年弱の臨時工期間中、正社員と同様の仕事に従事していた場合であっても、退職金計算期間の算定に当たっては、正社員に採用された日から算定するものとされた事例(昭和54.7.27 東京高裁判決 日本Oエレペーター控訴事件)判決の要点退職金計算に当たり臨時工期間の通算の要否1.原告は、昭和31...

≫続きを読む

個人事業から会社組織になった場合の退職金計算は、個人事業当時から通算されるのか?

個人経営の事業が会社組織になった場合において、個人事業当時は退職金の定めや支給慣行がなかったことから、個人事業当時の勤続期間の通算が否定された事例(昭和58.7.19 大阪地裁判決 T興業事件)判決の要点退職金制度のなかった個人事業が会社となった場合の退職金算定における在職期間通算の要否1.被告会社...

≫続きを読む

個人事業から会社組織になった場合の退職金計算は、個人事業当時から通算されるのか?

個人経営の事業が会社組織になった場合において、個人事業当時も退職金に関する規定か存在し、退職金が支給されていたことから、個人経営当時の雇用期間も勤続年数に含まれるとされた事例(昭和59.1.18 大阪地裁判決 K無線製作所事件)判決の要点退職金算定における個人経営当時の勤続年数の通算の要否1.原告は...

≫続きを読む

関連会社に出向中の期間は、退職金計算において通算されるのか?

関連会社に6年間勤務後、元の会社に戻って3年後に解雇された場合の退職金計算において、関連会社の6年間は在籍出向に当たるとして、通算すべきものとされた事例(平成4.9.28 東京地裁判決 東京Y・大阪Y事件)判決の要点原告労働者の勤務経歴及び解雇の際の状況1.被告東京Y及び同大阪Yは、いずれも服飾生地...

≫続きを読む

スポンサードリンク