労働判例〜賃金や賞与、退職金

求人票等の記載内容と退職金請求権の存否

ここでは、求人票や就職情報誌の記載内容と退職金請求権の存否に関する判例について紹介しています。
その内容は、求人票の退職金に関する記載の法的性質や就職情報誌に退職金制度ありの記載があれば退職金規程がない場合であっても退職金請求権が認められるのかなどです。

求人票等の記載内容と退職金請求権の存否

求人票の退職金に関する記載には、法的にはどのような性質があるのか?

求人票に「退職金有り」「退職金共済」と記載されていた場合において、別段の合意なく雇用契約が締結されたときは、退職金を支払うことが労働契約の内容となっていたとされた事例(平成10.10.30 大阪地裁判決 M商店事件)判決の要点求人票の記載内容と採用の経緯、就労過程での代表者の退職金に関する発言被告会...

≫続きを読む

求人票に「退職金共済」の記載があるのに、その内容が合意されなかった場合、請求権が...

求人票の「退職金共済」の欄に○印が付してあるのに、具体的内容の合意がなされなかった場合には、中退金制度の最下限の掛金による退職金の支払義務があるとされた事例(平成10.10.30 大阪地裁判決 M商店事件)判決の要点「退職金共済」の具体的内容につき合意のない場合に適用すべき退職金制度1.求人票の「退...

≫続きを読む

就職情報誌に「退職金制度有り」の記載があれば、退職金規程がなくても、請求権が認め...

就職情報誌に「退職金制度有り」と記載されていても、退職金規程がなく、退職金の具体的説明がなかった場合には、退職金支給の合意があったとはいえないとされた事例(平成10.10.19 東京地裁判決 Cシステム販売事件)判決の要点就職情報誌の「退職金制度あり」の記載の外に説明を受けていない場合の合意の成否1...

≫続きを読む

スポンサードリンク